帝国ホテルのおせち

帝国ホテル

帝国ホテルといえば、日本を代表する老舗高級ホテルとして非常に有名です。ホテルオークラとニューオータニとあわせてホテル御三家とも言われています。

 

創業が1890年(明治23年)となりますから、100年以上の歴史があるわけです。明治維新の名残があるような時代から続いたホテルと考えるだけでも、歴史の重みを感じるホテルといえます。

 

海外からの大切な来賓を迎える重要なホテルとして、日本の迎賓館として大切な機会に利用されています。

 

 

帝国ホテルの素晴らしさは、宿泊施設は当然のことながら、その魅力はダイニングにもあります。帝国ホテルの権威に相応しい、これまた日本を代表するレストランや日本食料理店が入っています。

 

帝国ホテル東京には、なだ万、吉兆、なか田の和食から、フランス料理のレ・セゾンが入っています。また、17階に位置し、素晴らしい夜景を見ながら利用できるインペリアルラウンジ アクアも利用できます。帝国ホテル大阪には久兵衛も入っています。

 

この高級老舗ホテルである帝国ホテルが提供しているお正月の御節料理は、毎年人気のおせちとなっています。帝国ホテルのおせちは洋風おせちになっています。

 

 

2018年度版の帝国ホテルのおせちは、以下の百貨店からご予約頂けます。
(リンク先は当サイトのおせち情報コーナーです)

 

高島屋で帝国ホテルのおせち
43,200円と59,400円の2種類の洋風おせちに加え、日本橋高島屋特別食堂「大和屋三玄(和)」と「帝国ホテル(洋)」とのコラボ和・洋 二段重おせち(101,520円)を取扱い。関西地域向けには、帝国ホテル 大阪 なだ万(56,160円)。

 

大丸・松坂屋で帝国ホテルのおせち
59,400円洋風おせちと、56,160円の帝国ホテル大阪なだ万の二段おせち

 

三越で帝国ホテルのおせち
43,200円と59,400円の2種類の洋風おせち

 

西武そごうで帝国ホテルのおせち
59,400円の洋風おせち

 

阪急百貨店で帝国ホテルのおせち
56,160円のなだ万との洋風・和風おせち

 

小田急百貨店で帝国ホテルのおせち
43,200円と59,400円の2種類の洋風おせち

 

近鉄百貨店で帝国ホテルのおせち
56,160円の帝国ホテル大阪なだ万の二段おせち