帝国ホテルのおせち

帝国ホテル

 

 

帝国ホテルのおせちは、言わすと知れた高級ホテルおせち。一度は試してみたいおせちです。

 

帝国ホテルおせちのお取扱いは、各百貨店で若干異なっています。帝国ホテルおせちの種類が一番充実しているのは、島屋で、高島屋限定の帝国ホテルおせちも販売しています(関東地方において)。

 

高島屋取り扱いの帝国ホテルおせちの中で一番人気があるのが、洋風一段重おせちになります。この「帝国ホテル洋風一段重おせち」は、高島屋でしか取り扱っていないことの希少性が、人気の理由かもしれませんね。

 

一段重の中に、豪華なおせちの食材が詰まっている姿が、見た目的にもお正月気分を盛り上げてくれそうです。

 

関東の百貨店で取扱いの、その他の洋風おせちは二種類あって、どちらも二段重なのですが、重箱のサイズが異なります。ひとつが20センチ角で、もうひとつが29センチ角となっています。

 

 

帝国ホテルといえば、日本を代表する老舗高級ホテルとして非常に有名です。ホテルオークラとニューオータニとあわせてホテル御三家とも言われています。

 

創業が1890年(明治23年)となりますから、100年以上の歴史があるわけです。明治維新の名残があるような時代から続いたホテルと考えるだけでも、歴史の重みを感じるホテルといえます。

 

海外からの大切な来賓を迎える重要なホテルとして、日本の迎賓館として大切な機会に利用されています。

 

帝国ホテルの素晴らしさは、宿泊施設は当然のことながら、その魅力はダイニングにもあります。帝国ホテルの権威に相応しい、これまた日本を代表するレストランや日本食料理店が入っています。

 

帝国ホテル東京には、なだ万、吉兆、なか田の和食から、フランス料理のレ・セゾンが入っています。また、17階に位置し、素晴らしい夜景を見ながら利用できるインペリアルラウンジ アクアも利用できます。帝国ホテル大阪には久兵衛も入っています。

 

 

この高級老舗ホテルである帝国ホテルが提供しているお正月の御節料理は、毎年人気のおせちとなっています。

 

帝国ホテルのおせちは、基本は洋風おせちになりますが、関西周辺地域では、和食のなだ万とのコラボで、和洋おせちも取り扱っています。

 

 

帝国ホテルのおせち 中身の写真

 

帝国ホテルおせち二段重43,200円
 帝国ホテル洋おせち二段重 43,200円
 【壱の重】キャビア、たらば蟹、各種テリーヌ等
 【弐の重】あわびの白だし煮フォアグラ等
 お重サイズ:20センチ角

 

帝国ホテル大阪なだ万おせち二段重56,160円
 帝国ホテル大阪なだ万和洋おせち二段重 56,160円
 【壱の重】栗金団、小鯛笹漬、あわび等
 【弐の重】フォアグラ、タラバガニの柚子風味等
  壱の重はなだ万、弐の重は帝国ホテル大阪担当
  約43品

 

帝国ホテルおせち二段重59,400円
 帝国ホテル洋おせち二段重 59,400円
 【壱の重】あわび、ほたて、キャビア等
 【弐の重】合鴨のリエット、各種テリーヌ等
 お重サイズ:29センチ角

 

帝国ホテルのおせちが予約可能な百貨店

2021年度版の帝国ホテルのおせちは、以下の百貨店からご予約頂けます。

 

おせちの手配・配送には地域の制限がある場合がございます。詳しくは百貨店公式サイトをご確認ください。

 

(リンク先は当サイト内おせち情報コーナー)

 

三越で帝国ホテルのおせち
43,200円と59,400円の2種類の洋風おせち

 

大丸・松坂屋で帝国ホテルのおせち
59,400円洋風おせち

 

小田急百貨店で帝国ホテルのおせち
43,200円と59,400円の2種類の洋風おせち

 

西武そごうeデパートで帝国ホテルのおせち
59,400円洋風おせち(池袋店のみ)

 

高島屋で帝国ホテルのおせち
43,200円と59,400円の2種類の洋風おせちに加え、高島屋限定版50,760円を取扱い(関東)。