セブンイレブンのおせち 2021年度版

セブンイレブンの2021おせちは、
2020/9/28(月)から予約受付開始!

 

セブンイレブンのおせち予約受付ページ

 

 

お正月のために準備するものの一つにおせちがありますが、自宅で作るのはなかなか大変だけれども、デパートに予約をしに行くのはめんどくさいという時等に、便利に利用できるのがコンビニのおせちです。

 

なかでもセブンイレブンのおせちは種類が豊富で、近年非常に人気を上げています。

 

セブンイレブンのおせちでは、これまで以上に少人数用おせちに力を入れています。今年は、特選おせち一段重や、和のおせち明璃、それと速水もこみち監修おせちも人気となりそうです。豪華なラインナップと言えそうですね。

 

セブンイレブンのおせちの中でも「極尽おせち三段重」は最高級の素材を選び、それらの素材を最高級の技で仕上げた懇親の一品です。保冷箱も金色のものを使い、ゴージャスの一言といえるでしょう。

 

一の重には北海道産のイクラのしょうゆ漬けや丹波の黒豆、二の重には蒸しズワイカニ爪や北海道産カズノコ、三の重には阿波尾鶏の西京焼きや鹿児島産黒豚の角煮など、何とも豪華な具材が包まれています。

 

産地付きの具材が多いですが、基本的に産地が付いているものが入っている場合には豪華なものが多いものです。車エビやズワイガニなどもその一種と言えるでしょう。お正月には親戚がそろい大人数で楽しむ家庭にはぴったりの商品と言えます。値段は税込みで32,400円です。

 

そして、厳選の素材を使用し、セブンイレブンの一番の人気商品となっているものが「寿おせち三段重」です。スタンダードな具材がそろい定番の商品を食べたいと感じる人は多いでしょう。

 

自分でおせちを作るのは少々面倒、近場で買えるところはないかと考える人にはぴったりの商品と言えます。こちらのおせちの値段は税込みで18,360円と比較的リーズナブルになっています。

 

そのほかにも様々な種類のおせちがあり、中には地域限定のおせちや、老舗旅館加賀屋の総料理長が監修している商品、反対に内容も価格も手ごろな商品など、豊富な種類の中から選ぶことができます。

 

予約方法は、店頭での予約のほかに、インターネットでも予約することが可能です。予約したおせちは、受取日に店頭へ出向いて受け取ればOK。受取日は、12/30と12/31から選ぶことが出来ます。

 

 

 

 

 

セブンイレブンおせちニュース

2019/09/17 セブン-イレブン/10月2日「おせち」予約受付開始

流通ニュースでは、10月2日より、全国のセブンイレブン実店舗と、オンラインの宅配サービスであるセブンミールでおせちの予約販売を開始すると報じました。ライフスタイルに合わせた、より多様なおせちの販売を行なっていきます。