銀座アスターのおせち

銀座アスター

 

 

全国展開する有名中華料理店の銀座アスターおせちは、島屋や三越をはじめ、全部で6つの百貨店でお取扱いをしています。

 

銀座アスターの2019名菜おせちは、「福(ふく)」30,780円、「禄(ろく)」44,280円、「祥(さち)」61,560円の3種類が用意されています。お取扱いのおせちは、百貨店により2種類のところと、3種類のところがあります。

 

 

日本の老舗中華料理店の代表ともいえる、銀座アスター。現在の銀座アスターは、東京都の品川区に本社を構えています。会社はレストラン経営だけでなく、販売も行うなど中華料理の全般を手掛けています。

 

でもあくまでも銀座アスターは、食品会社より、いまなお中華料理店として世間で広く認知されています。首都圏を中心に、約40ものお店を出しています。アスターという名称は、中国の上海にあった高級ホテルにちなんだものだと言われています。

 

レストランとしては非常に歴史があることでも有名ですが、創業はなんと昭和元年にまでさかのぼります。現代社会に中華料理を広めることに大きく貢献してきたと言えるでしょう。

 

激動の昭和の時代を生き抜いてきたブランドであるとともに、流行の発信地である銀座でスタートしたことにも大いに意味があります。今ではまさに、国を代表する中華料理店といっても過言ではありません。

 

それを象徴するかのように、銀座の本店はとても豪華なビルになっています。目に飛び込んでくるような圧倒的な存在感を放っており、入り口から美しいインテリアに彩られた空間になっています。

 

もちろんメニューに関しても有名なものがたくさんあります。特にアスター麺はシンボルともいえるメニューであり、東京タワーと同時期に生まれた歴史のある一品です。みそ仕立ての汁をベースとして、大きな肉類や多様な野菜がふんだんに盛り込まれています。

 

その他にも点心のセットなど、さまざまなメニューが用意されているのが大きな特徴です。夕食時にはアラカルトでいろいろな注文して楽しむファミリーが多く見受けられます。店舗によって差があるので一概には言えませんが、接客の評判が良いのも特徴的です。

 

おすすめのメニューを尋ねると親切に教えてもらえることが多いですし、店内の清掃も細部まで行き届いています。また、インターネットでの予約も受け付いてるので便利です。

 

 

銀座アスターおせちの「祥(さち)」にはなんと、吉切鮫の尾びれの姿煮込み(フカひれ)が入っています。末広がりのフカヒレの形は、縁起の良いとされ、お正月にピッタリでもあります。この銀座アスター特製フカヒレだけで購入すると、それだけで1万4千円する代物です。

 

銀座アスターのおせち 中身の写真

 


 銀座アスター 「福(ふく)」二段重 30,780円
 【壱の重】車海老、黒豆のワイン煮等
 【弐の重】子持ち鮎山椒香り煮、帆立貝の中華風等
  全22品

 


 銀座アスター 「禄(ろく)」44,280円
 【壱の重】帆立貝の中華風、伊勢海老甘酢煮等
 【弐の重】牛舌の醤油煮、あおりいか等
 【参の重】蟹焼売、海老団子の揚げ物等
  全28品

 


 銀座アスター 「祥(さち)」61,560円
 【壱の重】鮑の紹興酒煮、合鴨フィレ肉等
 【弐の重】伊勢海老、蟹の爪、吉切鮫のフカヒレ等
 【参の重】たらば蟹、大海老の唐辛子ソース煮等
  全31品

 

銀座アスターのおせちが予約可能な百貨店

2019年度版の銀座アスターのおせちは、以下の百貨店からご予約頂けます。
(リンク先は当サイト内おせち情報コーナー)

 

高島屋で銀座アスターのおせち
「福(ふく)」30,780円、「禄(ろく)」44,280円、「祥(さち)」61,560円の3種類

 

三越で銀座アスターのおせち
同上

 

伊勢丹で銀座アスターのおせち
同上

 

西武そごうeデパートで銀座アスターのおせち
同上

 

大丸・松坂屋で銀座アスターのおせち
「福(ふく)」30,780円、「禄(ろく)」44,280円の2種類

 

東急百貨店で銀座アスターのおせち
同上