山ばな平八茶屋のおせち

山ばな平八茶屋

山ばな 平八茶屋は、今から約430年前の天正年間に、若狭街道の街道茶屋として初代平八が創業した料亭です。

 

大変歴史があり、幕末の頃には岩倉具視が隠棲していたそうで、母屋の入口には新撰組との暗闘の際についた刀傷が今も残っているそうです。また夏目漱石も平八茶屋を気に入ってよく利用していたそうで、著書の中にも度々名前が出てきます。

 

通りに面した騎牛門をくぐると、約800坪の庭園が拡がります。この騎牛門は萩の禅寺から移築した門で、400〜500年前のものだそうです。

 

庭園には季節ごとに綺麗な花が咲き、その庭園に沿って建てられた大小のお座敷で京料理を頂くことが出来ます。町の繁華街と比べると気温が2度ほど低いともいわれ、空気も澄み渡っています。

 

かつて旅人は、平八茶屋で麦とろを食べて旅を続けたと言われています。現在でも平八茶屋の名物となっている「麦飯とろろ汁」は、とてもヘルシーで栄養価の高い食事でもあります。

 

平八茶屋の名物料理としてはグジを使った懐石も有名です。京都では、赤甘鯛のことを 「グジ」 と呼びます。「グジ」という名前は、「身が柔らかくてグジグジしているから」「釣り上げるときに、グジグジ鳴くから」ついたと言われていますが、「屈折した頭の屈頭(ぐず)」が「グジ」に変わっていったというのが、有力説のようです。

 

細造りにした浜塩のグジを、醤油勝ちの二杯酢で山葵とともに頂く「グジの向付」は、平八茶屋の名物料理の1つです。

 

二間続のお座敷では1日4組ですが宿泊も出来て、釜風呂を楽しむことも出来ます。この釜風呂はお食事のみの方も1080円で利用することが出来るので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

2018年度版の山ばな平八茶屋のおせちは、以下の百貨店からご予約頂けます。
(リンク先は当サイトのおせち情報コーナーです)

 

高島屋で山ばな平八茶屋のおせち
48,600円、86,400円、108,000円の3種類

 

三越で山ばな平八茶屋のおせち
21,600円と54,000円の2種類

 

伊勢丹で山ばな平八茶屋のおせち
21,600円と54,000円の2種類

 

大丸・松坂屋で山ばな平八茶屋のおせち
48,600円と86,400円の2種類(静岡・名古屋松坂屋のみ)

 

東急百貨店で山ばな平八茶屋のおせち
48,600円の1種類