今半のおせち

人形町今半

 

 

今半は、明治28年に東京浅草で創業した日本料理店です。120年以上伝統の味を守り続けながら、新しい料理・味にチャレンジしています。

 

現在の今半は、「今半本店(すき焼き専門店)」「今半別館(すき焼き中心の日本料理店)」「浅草今半(同左)」「代々木今半(しゃぶしゃぶとすき焼きの専門店)」「人形町今半(しゃぶしゃぶとすき焼きの専門店)」の5つの分かれています。

 

この中でおせちの販売をしているのが、「人形町今半」と「浅草今半」になります。

 

今半は東京の飲食店となりますので、東京の百貨店がお取り扱いの中心となります。そして、「人形町今半」と「浅草今半」を比較した場合、主に取り扱われているのが、「人形町今半」のおせちとなります(5つの百貨店)。「浅草今半」を唯一扱っているのが、京王百貨店になります。

 

 

今半の人気メニューのすき焼きやしゃぶしゃぶは、まさに「今半の味」として日本全国から広く親しまれています。心配りの行き届いたサービスと、落ち着いた雰囲気の店内で、ゆっくりと料理を堪能することができます。

 

今半は創業当時から最高品質の黒毛和牛にこだわり、プロの目線で日本全国から厳選しています。その他の食材も鮮度・産地に気を配り、調理法や盛り付け・器の色彩にもこだわりを持っています。

 

人形町今半も浅草今半も、お弁当が有名です。今半の味をご自宅で堪能することができます。牛肉を知り尽くした今半ならではの味付けで、定番のすき焼き弁当や牛肉重から、旬の食材を活かした季節限定のお弁当まで、様々な種類のお弁当の配達を行っています。

 

また、都内近郊のデパートやエキナカの今半弁当売り場にて、作りたてのお弁当の販売もしています。

 

極上の味わいを詰めた精肉や、特別に調合された味噌に漬け込んだ牛肉の味噌漬け。伝統の製法で丁寧に焼き上げられた自慢のローストビーフ。黒毛和牛のうま味をギュッと閉じ込めたジューシーなハンバーグ。そして強い人気を誇る牛鍋の味を家庭でも味わうことができる、牛肉の佃煮の販売もあります。

 

特別な日の自宅でのお祝いや、大切な人への贈り物としてもぴったりの品々です。

 

 

数あるおせちの中でも、今半のおせちは、少し目を引くおせちです。人形町今半おせちでも、浅草今半おせちでも、お重に入った黒毛和牛のローストビーフは、やはり存在感が違います。

 

最上級のローストビーフが入ったおせちと思ったら、やはり今半のおせちを選びたいという気持ちにさせられます。

 

今半おせち 中身の写真

 

人形町今半 和一段重 17280円
 人形町今半 和一段重 17280円
 【壱の重】ローストビーフ、煮鮑、牛蒡煮等
  2人前
  全29品目

 

人形町今半 和二段重 29160円
 人形町今半 和二段重 29160円
 【壱の重】ローストビーフ、煮鮑、数の子等
 【弐の重】牛蒡煮、有頭海老煮、帆立等
  3人前
  全33品目

 

浅草今半 和二段重 29160円
 浅草今半 和二段重 29160円
 【壱の重】ローストビーフ等
 【弐の重】黒豆、伊達巻、いくら等
  3〜4人前

 

今半おせちが予約可能な百貨店

2019年度版の今半のおせちは、以下の百貨店からご予約頂けます。お届けは関東地方のみとなります。
(リンク先は当サイト内おせち情報コーナー)

 

高島屋で今半のおせち
人形町今半の17280円〜108000円の5種類

 

大丸・松坂屋で今半のおせち
人形町今半の17280円〜41040円の3種類

 

西武そごうeデパートで今半のおせち
同上(池袋・横浜店のみ)

 

東急百貨店で今半のおせち
人形町今半の17280円〜59400円の4種類

 

小田急百貨店で今半のおせち
人形町今半の17280円と29160円の2種類

 

京王百貨店で今半のおせち
浅草今半の29160円と、浅草今半・味の浜藤・銀座鈴屋・貝新・佃浅のコラボおせち(28620円)