赤坂璃宮のおせち

赤坂璃宮

赤坂璃宮は、焼き物、フカヒレ、海鮮料理を得意とする広東料理のお店です。

 

現在のオーナーシェフは譚彦彬氏、総料理長は息子の譚澤明氏ですが、「璃宮」の時代はテレビ番組「料理の達人」で活躍していた周富徳氏が総料理長を務めていました。

 

広東料理は医食同源をうたっています。医食同源とは「日頃から食事に気を配ることで病気を予防し、また治療をする」という考え方です。譚彦彬氏は、四季折々の滋味に富んだ日本の食材は広東料理にこそふさわしいと考えていて、スパイスや油を控えた日本人好みの優しい味を心がけているそうです。

 

1943年に横浜中華街で生まれた譚彦彬氏は、16歳から料理の道に進みました。中国飯店、留園、梅花園、京王プラザホテルの南園の副料理長、ホテルエドモント廣州の料理長を務めたのち、1996年9月から赤坂璃宮のオーナーシェフとなりました。

 

日本人の味覚に合わせた味付け、視覚でも楽しめる美しい盛り付けは高い人気があります。譚彦彬氏は後輩の育成にも力を注いでいて、調理師学校や料理教室などの講師も務めています。

 

その他にも、食品メーカーの商品開発や厨房機器の開発や監修、色々なイベントへの参加や中国レストラン開業の支援など、食の世界に大きく貢献しています。

 

赤坂璃宮は本店が赤坂ビズタワーにあり、その他に銀座店もあります。店内は重厚な雰囲気で、伝統的な中国の工芸品が多く飾られ、独特の雰囲気を楽しむことが出来るでしょう。

 

 

2018年度版の赤坂璃宮のおせちは、以下の百貨店からご予約頂けます。
(リンク先は当サイトのおせち情報コーナーです)

 

高島屋で赤坂璃宮のおせち
三段重43,200円

 

三越で赤坂璃宮のおせち
三段重86,400円

 

伊勢丹で赤坂璃宮のおせち
三段重86,400円

 

小田急百貨店で赤坂璃宮のおせち
三段重86,400円

 

東急百貨店で赤坂璃宮のおせち
一段重12,960円と三段重86,400円の2種類

 

西武そごうで赤坂璃宮のおせち
三段重86,400円

 

大丸・松坂屋で赤坂璃宮のおせち
一段重12,960円

 

近鉄百貨店で赤坂璃宮のおせち
今年はなし