人気ブランドおせち情報 和食第1弾

百貨店のオリジナルおせちも人気がありますが、近年非常に人気があるのが、料亭や、有名シェフ経営のレストランなどが製作・プロデュースするおせちです。中身と味、そして贅沢感を重視したい方は、2018年度も料亭・レストランのブランドおせちは見逃せません。

 

ブランドおせちによっては、予約開始してからすぐに完売してしまうような希少なおせち料理もありますので、予約開始時期も要チェックとなります。

 

ブランド宅配おせちは、基本はお重に詰めた冷蔵おせちセットとなります。冷蔵のため、配達時期は、基本12月31日となります。冷蔵おせちは鮮度が大切であり、賞味期限もあまりながいものではありません。お正月の寸前に届けてくれるようになっています。

 

またオンラインでの手配となりますが、百貨店の店舗によって、お届けできる地域が決まっています。関東の店舗の場は、関東のみ。関西の店舗の場合のは関西圏のみ、というようにです。また、冷凍おせちは、全国配送可能となっています。

 

一見さんお断りのため、予約すら出来ないような高級料亭や、普段は高価でとても足を運べないな一流レストランのおせちを、お正月という特別な機会に是非試してみたいと思うものです。通常の百貨店オリジナルおせち等に比べると高価とはなりますが、一年に一度の機会と思えば、ちょっと奮発してもいいかなとも思えます。今度のお正月に是非いかがでしょうか。

 

人気のある料亭・レストランのおせちは次のおせちです。複数の百貨店で取り扱っているおせちもあります。

 

吉兆、菊乃井、たん熊北店、美濃吉、新ばし 金田中、なだ万、下鴨茶寮、つきぢ田村、賛否両論、中村孝明

 

以下の和食店については、第2弾をご覧下さい。
青柳、暗闇坂 宮下、浅草田甫 草津亭、懐石 辻留、岡崎 つる家、濱登久、山ばな平八茶屋、わらびの里、懐石料理 瓢亭、高台寺 土井

 

以下の和食店については、第3弾をご覧下さい。
金茶寮、五万石

 

是非素敵なおせちで素晴らしい新年をお迎えください。

 

 

 

人気のブランドおせち情報 和食第1弾 2018記事一覧

 

日本で一番有名な高級日本料理店といっても過言ではないのが吉兆。1930年に大阪で創業したのが吉兆のはじまりです。茶道に深い造詣があった創業者の湯木貞一氏の影響もあり、四季と花鳥風月を織り込んだ懐石料理でお客様に一期一会のおもてなしをしています。吉兆の日本料理店としての奥深さは、やはり創業者の湯木貞一氏の影響が大きいと言えます。紫綬褒章受章を受賞され、日本料理会では初となる文化功労者となった人物です...

 
 

日本を代表する高級日本料理店のなだ万。現在は、東京の中心にあたる、江戸城外掘に囲まれたホテルニューオータニ内の約一万坪もの庭園敷地内に「なだ万本店 山茶花荘」として店をかまえています。土地柄、財界、政界関係者の利用も多い、なだ万の総本山です。なだ万は、当然ミシュランガイドにも掲載されている料理店ですし、歴史的にも海外からの要人をもてなす場所としても利用されてきています。東京サミットの公式晩餐会や、...

 
 

菊乃井(きくのい)は、日本を代表する京都懐石のお店。京都府京都市東山区に店をかまえています。創業大正元年(1912年)と歴史ある老舗料亭です。菊乃井のご主人は、村田吉弘氏。京都・祇園の老舗料亭「菊乃井」の長男として生まれ、その後、フランス料理修行のため渡仏したという異色の経歴を持ちます。その後、料亭「加茂免」での修行や、「菊乃井木屋町店」の開店等を経て、現在は菊乃井全体を取り仕切っています。四季そ...

 
 

日本を代表する料亭のひとつ「たん熊北店」。京都高瀬川沿いに昭和3年に栗栖熊三郎氏によって創業された、「たん熊」を継承する京料理のお店です。四季折々の食材から名物のすっぽん丸鍋まで、谷崎潤一郎、吉井勇などの文人をはじめ、多くの著名人にも愛されてきた老舗料亭です。「一期一会の心ばせで、真のもてなしを。」という心で、お料理、器、風情、接客で、私たち客人をもてなしてくれます。「たん熊」は現在、創業者の長女...

 
 

高級京懐石料理屋という名が相応しい、歴史ある老舗の美濃吉。江戸時代の八代将軍徳川吉宗将軍の時代から300年あまり続く京都の食事処です。現在は、数寄屋造りの本館と、合掌造りの別館からなる、京懐石美濃吉本店竹茂楼として、京都の粟田口鳥居町にその店をかまえています。川沿いの料理屋として栄えた美濃吉は、川魚生洲料理屋として、江戸時代には京都所司代からも認められるようになり、そして明治時代には、京都の川魚料...

 
 

出来るならば、一生のうちに一度は訪れてみたい老舗料亭の新ばし 金田中。日本最高峰の和の味とおもてなしを受けることのできる、東京にある料亭です。夜の席は一見さんお断り。常連さんや誰かのつてがないと、その敷居をまたくこともできないお店です。大正時代創業の金田中は、吉兆、新喜楽と並んで、日本三大料亭のひとつと言われています。昼間でこそ、3万円程度からの予算で済みますが、夜となればお一人様10万円はするで...

 
 

初代・田村平治氏、2代目・田村暉昭氏、そして現在の3代目・田村隆氏と代々引き継がれている日本料理店が、つきぢ田村です。築地に上手いものが食べられる場所が欲しいという、築地界隈の大手財界人の声により昭和21年に創業したのが、日本料理 つきぢ田村。創業者である田村平治氏は、人間的にも多くの人を魅了した人物で、現在も、 田村平治の志をうけつぐ「全国田村会」という日本料理研究団体の会員制度がある。料理にお...

 
 

下鴨茶寮は、京都の町で安政三年(1856年)の創業以来営業を続ける、茶懐石の料亭です。高野川のほとり、比叡の山並みを見渡せるロケーションに位置する下鴨茶寮は、世界遺産でもある下鴨神社の参拝帰りに立ち寄ることもできる料亭です。京都の料亭の瓢亭、つる家、嵐山吉兆や和久傳など程敷居は高くはなく、予約さえすることができれば誰でも訪れることができる料亭です。下鴨茶寮では、土産土法の考えを大切にしています。こ...

 
 

東京・恵比寿に店をかまえる日本料理店の賛否両論。今、最も予約が取りにくい店としても有名な、笠原将弘シェフのお店です。一人当たり何万円もする老舗の料亭などと比べると、けっして値段的に高いお店ではありません。それだけに人気が殺到するのでしょう。けっして高価ではない素材と、その腕と技によって、最高の味に買えることが出来るのが、笠原将弘氏という料理人なのです。若くして、正月屋吉兆の台所に入り、20代にして...

 
 

「中村孝明」は、人気テレビ番組「料理の鉄人」の2代目和の鉄人として有名な中村孝明氏のお店です。中村孝明氏は、高校卒業後に料理の道に進み、旅館やホテルで修業を積んだのち、1978年に老舗料亭として知られる「なだ万」に入社しました。なだ万ではホテルニューオータニ店、シンガポールのホテルシャングリラ店の調理長を務め、1999年に退社後独立しました。「中村孝明」には、中村孝明 貴賓館、中村孝明 YOKOH...