下鴨茶寮のおせち

下鴨茶寮

 

 

下鴨茶寮(しもがもさりょう)のおせちは各百貨店で、人気のおせち筆頭のひとつに挙げられます。百貨店のおせちランキング上位に入る料亭おせちとしましては、たん熊、賛否両論、そしてこの下鴨茶寮が目を引きます。

 

各百貨店において下鴨茶寮おせちが人気になっている理由は、まずは料亭としての味の実力であることは、言うまでもありません。

 

それと一流料亭であることを考えた場合、価格が約2万円からと、手の届く価格設定範囲内だということ。あとは、選べるおせちの種類の豊富さが挙げられます。

 

 

下鴨茶寮は、京都の町で安政三年(1856年)の創業以来営業を続ける、茶懐石の料亭です。高野川のほとり、比叡の山並みを見渡せるロケーションに位置する下鴨茶寮は、世界遺産でもある下鴨神社の参拝帰りに立ち寄ることもできる料亭です。

 

京都の料亭の瓢亭、つる家、嵐山吉兆や和久傳など程敷居は高くはなく、予約さえすることができれば誰でも訪れることができる料亭です。

 

下鴨茶寮では、土産土法の考えを大切にしています。この土産土法といいますのは、その土地で取れる食材を、その土地の調理方法で料理して食べることです。この方法が一番美味しく食材をいただける方法なのです。

 

茶懐石というのは、いわゆる懐石料理のことで、茶の湯のお食事のことです。会席料理お酒と共に頂くことを主とするのに対し、懐石料理(茶懐石)は、お茶を美味しく頂くための料理が本来の姿となります。下鴨茶寮では、伝統的なお茶事が可能な「参蝉庵」(さんぜんあん)という茶室も擁しています。

 

この伝統的な京都の茶懐石の店である下鴨茶寮に、映画の脚本家でもある小山薫堂氏が新たに加わりました。小山薫堂氏は映画「おくりびと」や料理番組「料理の鉄人」などを手掛けた人物です。小山薫堂氏が加わったことで、伝統的な下鴨茶寮の素晴らしさが、今度さらに世の中に伝わっていくことと思われます。

 

京懐石の繊細な技術を誇る下鴨茶寮の華やかに盛り付けられた重詰めおせちを、ぜひ今度のお正月は試してみて頂きたいです。

 

下鴨茶寮おせちの中で一番の人気があるのは、39,960円の和三段重おせちになります。鮑(あわび)やエビの旨煮、鰻真丈(うなぎしんじょう)等が入った、豪華なおせちとなっています。

 

 

下鴨茶寮おせち 中身の写真

 

下鴨茶寮二段重19440
 下鴨茶寮おせち二段重 19,440円
 【壱の重】数の子、ローストビーフ等
 【弐の重】海老の旨煮、鱈の旨煮、焼帆立等
  全29品

 

下鴨茶寮三段重39960
 下鴨茶寮おせち三段重 39,960円
 【壱の重】鮑旨煮、海老の旨煮、数の子等
 【弐の重】伊達巻、焼帆立、海老空豆等
 【参の重】鱈の旨煮、栗甘露煮、海老博多高野等
  全43品

 

下鴨茶寮三段重54000
 下鴨茶寮おせち三段重 54,000円
 【壱の重】ロブスター塩蒸し、鮑旨煮、数の子等
 【弐の重】鮭柚庵焼、鱈の旨煮、かに土佐漬等
 【参の重】海老の旨煮、鮭昆布巻等
  全38品

 

下鴨茶寮三段重75600
 下鴨茶寮おせち三段重 75,600円
 【壱の重】鮑旨煮、海老の旨煮、小鯛の香酢漬等
 【弐の重】かに土佐漬、鱈の旨煮、数の子等
 【参の重】鮭柚庵焼、ロブスター具足煮、青蕗等
  全43品

 

下鴨茶寮おせちが予約可能な百貨店

2019年度版の下鴨茶寮のおせちは、以下の百貨店からご予約頂けます。
(リンク先は当サイト内おせち情報コーナー)

 

高島屋で下鴨茶寮のおせち
19,440円〜75,600円の6種類の下鴨茶寮おせち

 

三越で下鴨茶寮のおせち
19,440円〜162,000円の6種類のおせち(三越伊勢丹限定おせち含む)

 

伊勢丹で下鴨茶寮のおせち
三越と同様の全6種類のお取り扱い

 

東急百貨店で下鴨茶寮のおせち
19,440円〜54,000円の4種類

 

大丸・松坂屋で下鴨茶寮のおせち
19,440円〜75,600円の6種類

 

西武そごうeデパートで下鴨茶寮のおせち
19,440円〜54,000円の4種類

 

近鉄百貨店で下鴨茶寮のおせち
19,440円〜75,600円の6種類

 

小田急百貨店で下鴨茶寮のおせち
28,080円、39,960円、54,000円の3種類

 

阪急百貨店で下鴨茶寮のおせち
19,440円〜75,600円の6種類

 

京王百貨店で下鴨茶寮のおせち
19,440円〜75,600円の6種類

 

阪神百貨店で下鴨茶寮のおせち
19,440円〜75,600円の6種類